DJ CHART

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

OTHERS

CHART

INFORMATION

Agoria


iF2035_ Agoria _ Panta Rei (remixes)
A1_Panta Rei (Balearic mix)
A2_Panta Rei (Danton Eeprom remix)
B_Panta Rei (Analog Solutions remix by Eduardo De La Calle)

Go Series 81: Sónar 2011 Selected & Mixed by Agoria by AGORIA

プロフィール:
ジャズやデトロイト・テクノから影響受け90年代後半より地元フランスで活動を開始。2001年「La 11e'me Marche」のヒットを経て、2003年にはティガやヴィタリック等、エレクトロ・シーンのビッグネームが名を連ねる名門レーベル、Differentよりファースト・アルバム『Blossom』を発表、プログレッシヴ・ハウスともリンクするサウンドで幅広い層から注目を集め、その後2005年のアルバム『The Green Armchair』で大ブレイク。シンセやストリングスによる優美なメロディーが衝撃的だったシングル「Les Violons」や「Les Beaux Jours」の世界的フロア・ヒットも手伝い、いよいよトップ・クリエイターへの仲間入りを果たす。そして多忙な日々の最中にも自身のレーベルInfineを同時期にスタート。ピアニストであるフランチェスコ・トリスターノのクラシック界からダンスミュージック・シーンへの華麗な挑戦を見事サポートすることに成功する等、レーベル・オーナーとしても素晴らしい手腕を振ってきており、既に母国フランスでは名実共にあのロラン・ガルニエに続く存在として確固たる地位を確立した。そして今年通算4作目、Infineからは初となる最新アルバム『Impermanence』を発表。カール・クレイグや、セス・トローラー等をゲスト・ボーカリストに迎えた本作は、ピアノやフォーンなどの生楽器そして個性ある各ボーカリストの参加によって有機的でオーガニックなスケール感が加えられ、よりミュージカリーな楽曲構成へと変化を遂げまさに彼の代表作と言われるに相応しい作品となった。DJとしても世界の名だたるDJ達がフィーチャーされる人気シリーズ『Balance』よりミックスCDをリリースし、そのキャリアも充実させている。
快進撃を続け、もはや誰が見ても<絶好調>といえる彼がいよいよ<WIRE>へと初参戦を果たすこととなる。